2008年01月17日

アニメーションを作る(基本編)

アニメーションをさせるには、インスタンスを使う。なので、矩形は必ずシンボル化すること。また、一つの動きは一つのレイヤーでしか表示できない。複数動きを設定する場合は、レイヤーを分けること。まずは、基本なので、単純な円形を左右に動かすアニメーションを作る。
  1. ステージに円形を描き、シンボル化(F8)
  2. 時間の確保。デフォルトの設定は、12fps(1秒12コマ)なので、12フレーム目を選択し、F5。こうすると、12フレームまで時間が確保され、長方形の□が表示される<図1>
  3. 終点にキーフレームを挿入。12フレーム目を選択し、F6。確保したい時間と終点が一致するならば2を飛ばして、いきなりF6でキーフレームを打ってもよい。キーフレームが打たれると、終点(この場合は12フレーム目)に●が表示され、一つ前のフレーム(この場合は11フレーム)に□が移動する<図2>
  4. 終点が選択されている状態で、ステージにあるインスタンスを、最終到達地点まで移動する
  5. モーショントゥイーンを設定する。始点(この場合は1フレーム目)を選択し、右クリック→モーショントゥイーンを作成するを選ぶ。そうすると、始点から終点までの間に→が表示される<図3>
  6. プレビューすると、円形が左から右に移動する(特に設定していないので動きがループする)
fla_ex04.gif
なお、サンプルアニメはこちらから
時間確保=F5(長方形□が表示される)
キーフレーム挿入=F6(●が表示される)



posted by tama at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Flash | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。